小さな小さな僕の家

【幸せをありがとう】小さな小さな僕の家/MASA

東京山の手の住宅街
細い路地ばかりの街並みの中

築50年を過ぎたどこにでもありそうな
木造平屋の小さな家

仕事一筋まじめなおやじと
明るくてちょっと天然なおふくろと

二人を労わるイケメン好きの姉貴と
妄想と野球に明け暮れる僕と

テレビとコタツしか置いていない
殺風景な小さな居間だったけど

いつでもみんなで肩寄せ合い
どうでもいい話で笑い合ってた

裕福というにはほど遠く
さりとて希望がないわけでもなく

平々凡々としてるけど
穏やかに流れて行く時間

それがどんなに幸せなことか
大人になって初めてわかった

小さな小さな家だから
それぞれの個室なんてあるわけもなく

ほんのちょっとだけ大きな部屋で
寄り添うように川の字で眠った

四六時中顔合わせてるもんだから
そりゃくだらない理由でケンカもしたけれど

険悪な雰囲気はいつもウヤムヤで
いつの間にかテレビで大笑い

文句言ったり愚痴を言ったり
叱られたり励まされたり

うざいなあって思うこともあったけど
それが愛されていたってことなんだね

裕福というにはほど遠く
足りないモノは知恵で補い

平々凡々としてるけど
静かに流れて行く時間

それがどんなに尊いモノか
大人になって初めてわかった

人生を生きているのだから
そりゃ哀しみや苦しみも
たくさんあっただろう

だけどおやじたちは
それをおくびにも出さず

あのあったかい家の空気を
創ってくれていたんだ

裕福というにはほど遠く
さりとて希望がないわけでもなく

平々凡々としてるけど
穏やかに流れて行く時間

それがどんなに幸せなことか
大人になって初めてわかった

小さな小さな古い家だったけど
かけがえのない心のふるさと

僕を育ててくれたふるさと

Words & Music by MASA
Arranged by Bronze Works

※2nd Album『僕らがいた夏』収録曲
音源ダウンロード:レコチョク(『僕らがいた夏』/MASA)

Copyright © 2013 MASA

タイトルとURLをコピーしました