MASA作品紹介 →ボカロ楽曲はこちら

『きっと明日は』 詩&試聴

 現状への不満を込めたロックっぽい詩を、いつもの昭和っぽいメロディとスリーピースっぽいアレンジに乗せてみました。
 まあ、イロイロ大変だけど明日を信じて頑張っていこうぜ〜っていう歌でございます(笑)


『君にできること』 詩&試聴

 一生懸命生きているあなたへの私なりのエールです。
 ※オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』内で、有料配信される楽曲に選出されました。(2016/5/22〜) 
   オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』はこちら

『幸福論 〜MASAのつぶやき編〜』 詩&試聴

 MASAの想う『幸福』について、正につぶやくように弾き語っております。
 自分にとっての『幸福』とは何かを考えるキッカケにしていただけるとうれしいです。

『君のいない街で』 詩&試聴

 春は、卒業、進学、就職などで親しい人との別れの季節ですよね。
 でも、それは寂しく悲しいだけではなく、それぞれの新しい未来のためでもあるのではないでしょうか

 遠くへ行ってしまった頑張り屋の君はきっと頑張っているだろう。
 だから、僕もここで頑張るよ。
 再び会える日を笑顔で迎えるために・・・・

 そんな想いをこめて、この曲を書き上げました。
 書き過ぎる傾向があるMASAが、できるだけ言葉数を減らすことにトライした楽曲であります。
 さて、想いは伝わったでしょうか・・・(笑)

『小さな小さな僕の家』 詩&試聴

 家族モノシリーズ第二弾です(笑)
 自身の代表曲『Dear My D』が娘(子供)に対する想いを描いたのに対して、今度は親に対する想いを描きました。
 『Dear My D』がバラード調で魂込めて歌い上げる感じの楽曲なのに対して、この作品はちょっとコミカルな感じで、でも最後にはほっこりとしてもらえればなあという思いで書き上げた楽曲です。

『望郷 〜ホームの上から〜』 詩&試聴

 人生を生きているとどうしようもなく辛くて、このまま何処かに逃げ出してしまいたいと想う時が誰しもあるのではないかと思います。
 そんな時に、自分にブレーキを掛けて踏み止まらせてくれたは、愛する人達の笑顔や懐かしい故郷の風景を心に描き直すことでした。
 そういった自身の実体験を基に、故郷を後にして都会でひとり頑張る人達へのエールとしてこの曲を書き上げました。
 もちろん、自身の実体験を多分に含んでいますゆえ、自分へのエールも込めております。
 ※日本最大級インディーズ音楽配信サイト『muzie』にて、More Pick Up!に選出されました。(2015/2/15) 『muzie』サイトは、 こちら

『片想い』 詩&試聴

 ある男の子に片想いする女の子に片想いする男の子の想いを描いた曲です。
 ブルースハープ&ギター弾き語りで歌っています。
 人は恋愛だけでなく、色々な場面で自分をよく見せようとしてしまいがちですが、本当の自分を見せる、そして自分に正直な振る舞いをすることが、一見その時は損したように見えるのですが、廻りまわって結局はそれが幸せを得る一番の近道なのではないかと思っています。そんな想いを込めました。
 2013/4/4に再レコーディングしました。
 ※オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』内で、有料配信される楽曲に選出されました。(2013/5/20〜) 
   オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』はこちら

『明日(あした)へ』 詩&試聴

 高校生の淡い恋愛を描いたお話をベースとして、その主人公の女の子が、好きな男の子へ、卒業を迎えた時に何を伝えるだろうかを想い書いた曲です。
 人は、いろいろな人と交わりんでゆくことにより人間として成長することができるのではないかと思っています。
 そして、何かから卒業し、人間的に成長することは、そんな人たちの支えなくしてはできなかったのではないかと思います。
 そんな人たちへの感謝の想いを、MASAにしては珍しくラブソングっぽく表現してみました。
 前々から、『明日へ』というタイトルの曲、卒業をテーマにした曲、最後にみんなで大合唱して盛り上がる曲を書きたいなあと思っていて、それらをすべて叶えることができた曲です。
 DTM(Desk Top Music)を始めるキッカケとなった曲でもあります。
  2013/1/13に再レコーディングしました。


『ありがとな』 詩&試聴
 
 どうしようもない孤独の寂しさ&空しさに襲われていた時にたまらず書き上げた曲です。
 人はやっばり一人では生きて行けないんですよね。
 そして、色々な人に助けてもらって生きているんですよね。
 そんな想いを強く感じ、それをこの曲に込めました。
 曲を書くためには、自分と向き合い、その感情の本質を冷静に分析してキチンと捉える必要があると思っています。
 で、この曲を書くために、状況を客観的に考えているうちに、かなり冷静になり、確かに愛する人は居なくなったけど、自分には音楽を通じて知り合った気心知れた仲間たちや居場所があることを再認識し、そして今の状況としてはそんなに悪くない、いやむしろ幸せなんじゃないかと思うに至り、かなり落ち着きました。
 私にとって曲を書くということは、一種の精神安定剤なのかもしれません。(笑)
 ※コンピレーションアルバム『This Is Real Music vol.01』(Pray For Japan Records)に収録されました。
   iTunes配信サイトはこちら
 ※日本最大級インディーズ音楽配信サイト『muzie』にて、More Pick Up!に選出されました。(2015/7/16、2015/10/15) 『muzie』サイトは、 こちら 

 
『僕らがいた夏』 詩&試聴
 
 音楽活動を始めてから、その人のバックグラウンドや本名すら知らずに、やっている音楽と直接話をして感じ取った人となりだけで繋がった人間関係が増えました。
 そういった関係の中に居る心地良さ、そして、そういった仲間達がいる幸せをしみじみと感じています。
 その想いを、子供の頃の思い出と絡めて、表現してみました。
 テーマは、『利害関係のない仲間がいる幸せ』です。

『月見草のように』 
詩&試聴
 
 月見草は、夕方に咲き、翌朝にはしぼんでしまう夜に咲く花なのです。
 夜の闇の中で、目立たず、気づかれず、そしてひっそりと、でも美しく凛とした花を咲かせている姿から、たとえ人に気付いてもらえなくても、注目されなくても、自分自身で納得できる美しく凛とした生き方をしたい、という想いを込めタイトルにしました。
 
実は、歌詞の中に『月見草』という単語は出てきません。(笑)
 
自分なりの男の生き方の理想像を描いていますが、なかなか、こういう生き方って出来ないんですよね。(笑)
 
でも、自分の目指す生き方を明確にしておこうと思い、書き上げました。

『歩き続ける』 詩&試聴
 
 自分の人生を振り返り、そして今後の自分への応援歌としてこの曲を書きました。
 若い頃はどうしても、自分の選んだ道が正しかったのかどうか迷ったり、立ち止まって後ろを振り向いてみたりするものですよね。
 でも、信じて歩いていれば、たとえ間違った道だったとしても、そこで得られたものは、必ずその後の人生の礎になるんです。だから、自分を信じて歩いて行こうという想いを込めました。
 テーマは、『人生、無駄なものはひとつもない。』です。
 
普段の曲作りで、詩に悩むことはあっても、曲で悩むことは余りないのですが、この曲は、詩はすんなりと出来上がったのですが、曲で結構悩み、完成まで3ヶ月近く掛かった難産の曲です。

『社会という名の戦場で』 詩&試聴
 
 社会に出て間もない人あるいはこれから社会に出ようとする人への、社会を生き抜いてきた先輩としてのアドバイスを込めたメッセージソングです。
 
詩の内容が少々重いため、ライトロック調のメロディを付けました。
 
語尾が、ですます調ではロックっぽくならないので、言い切りと命令形で詩をまとめました。
その結果、なんかすごくエラそうな曲になってしまいました。(笑)
 
エラそうでどうもスミマセンm(_ _)m
 
本業が在るゆえ、一曲を書き上げるのに通常は、二週間〜一ヶ月程度の時間が掛かるのですが、この曲は、三日×23時間/日でほぼ出来上がってしまったという私にしては珍しい短期集中型の曲です。
  ※au・SoftBank・Docomo公式着うたサイト『Indies Cafe フル』『Indies Cafe』の有料配信楽曲に選出されました。
   『Indies Cafe フル』サイトはこちら 、『Indies Cafe』サイトはこちら
 

『真理子』 詩&試聴

 大昔(?)、私が二十一歳の頃に書いた曲です。『ねえヨーコ』の次に書いた曲で、当時『女の子の名前シリーズ』と勝手に名付けてました。(笑)
 自分の夢を捨て切れない男が、愛する彼女の幸せのために別れゆく時の想いを描いた曲です。
 一緒に居て、お互いを助け合って生きてゆくという愛の形が基本だとは思いますが、愛するが故に別れを選ぶという愛の形もあるのではないかと思い創った曲です。
 まあ、女性陣からは非難ごうごうの曲だろうなあ、とは思っています。(笑)
 でも、男にとって夢ってものは、それぐらい大きなものなのです。男って、夢がないと生きていけない種の生き物なのです。
 わかってください、とは言いません。知っていて欲しいなあ、とは思います。
  ※au・SoftBank・Docomo公式着うたサイト『Indies Cafe フル』『Indies Cafe』の有料配信楽曲に選出されました。
   『Indies Cafe フル』サイトはこちら 、『Indies Cafe』サイトはこちら
  ※オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』内で、有料配信される楽曲に選出されました。(2012/10/19〜)
 
   オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』はこちら
  ※日本最大級インディーズ音楽配信サイト『muzie』にて、More Pick Up!に選出されました。(2016/5/2) 『muzie』サイトは、 こちら 

『Dear My D』 
詩&試聴

  最後のDは、Daughter(娘)の略で、父親の娘に対する想いを描いた曲です。
 テーマは、『無償の愛(=見返りを求めない愛)』です。
 娘との実体験や娘への想いをそのまま素直に詩に書き綴りましたので、内容はほぼ100%ノンフィクションです。
 この曲のひとつの言葉あるいはひとつのメロディを、心の片隅にでも置いておいていただけたなら、大変うれしく思います。
  ※au・SoftBank・Docomo公式着うたサイト『Indies Cafe フル』『Indies Cafe』の有料配信楽曲に選出されました。
   『Indies Cafe フル』サイトはこちら 、『Indies Cafe』サイトはこちら

『HERO 〜栄光の背番号の君へ〜』 詩&試聴

 プロ野球界に一時代を築いた超一流のプロ野球選手をモデルに書いた曲です。
 どんな人でも年は取ります。そして、衰えてゆくのです。哀しいけれど、それがこの世に生を受けたものの運命なのです。ですから、自分の衰えをきちんと受け入れ、そしてその事実と上手く折り合いをつけながら生きて行かねばならないのです。そんな想いを込めた曲です。さすがに、若い頃には書けない曲だなあとも思っています。
  ※au・SoftBank・Docomo公式着うたサイト『Indies Cafe フル』『Indies Cafe』の有料配信楽曲に選出されました。
   『Indies Cafe フル』サイトはこちら 、『Indies Cafe』サイトはこちら

『ねえヨーコ』 詩&試聴

 大昔(?)、私が二十歳の頃に書いた曲です。
 自分自身の失恋をキッカケに書いた曲です。はじめ男子を主人公にして詩を書いたら、すごい惨めな感じになってしまったので、女子を主人公にして書き直して、完成した曲です。
 作った当初は、そんなに思い入れはなかったのですが、この曲を書いた数年後に、人生で一番の大失恋を経験し、その時の気持ちと詩の内容が結構ハマッていて、テメエで書いた曲で慰められる、という不思議な経験をしました。以来、お気に入りの1曲です。
 二十歳の頃の音域で創ったので、音域が広く、歌うのに苦労してます。
  ※日本最大級インディーズ音楽配信サイト『muzie』にて、Pick Up MUSICに選出されました(2011/12/7〜30) 『muzie』サイトは、
こちら
  ※オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』内で、2011/12/16より有料配信される楽曲に選出されました。 詳細は、
こちら 
   オンライン・ソーシャル・ゲーム『キャラフレ』はこちら
   ※au・SoftBank・Docomo公式着うたサイト『Indies Cafe フル』『Indies Cafe』の有料配信楽曲に選出されました。
   『Indies Cafe フル』サイトはこちら 、『Indies Cafe』サイトはこちら
   ※mixiゲーム『オンタネ』内で2012/12/10〜2013/2/28に有料配信される楽曲に選出されました。
   mixiゲーム『オンタネ』はこちら

『生きるということ』
 詩&試聴

 東日本大震災で被災された方たちを応援するために書いた曲です。
 東日本大震災の惨状をテレビで見ていて、何か自分にできることはないかと悶々としていた時に YouTubeで、『愛は勝つプロジェクト』を試聴し、自分でも同じことをしたいという欲求がフツフツと沸いてきて書き上げた曲です。
 正直、自分の曲が人を励ますことができるほどの力を持っているという自信があるわけではないのですが、とにかく何かしなければという思いが強く、自己満足でもいいから、これをネットで公開することに踏み切りました。
 とにかく、これでもかというぐらいメッセージを込めました。
 ひとりでも良いので、『心に響いた。』『元気が出た。』などと言って下さる方がいることを願っています。

『ありがとう、君へ』 詩&試聴(リハーサル録音)

 『明日へ』の対になっている曲です。こちらは、その男の子の主人公の女の子に対する想いを描いています。
 これを書こうと思っている頃に、ちょうどコード理論を勉強していて、ヒット曲のコード進行から曲を書くことにトライした曲です。
 サビのコード進行に、C→G→Am→Em→F→C(→Am)→F→G、というヒット曲の王道カノン進行を使っています。
 カノン進行を使っている有名な曲は、『翼をください(赤い鳥)』『負けないで(Zard)』『Tomorrow(岡本真夜)』(いずれもサビ)などです。同じコード進行でも、こんなに違う曲になるんですね。楽器の弾ける方は弾いてみてみると面白いと思います。
 演奏時間は、9分強あり、今のところの最長記録です。

※リハーサル録音の曲は、スタジオ録音音源を作製中です。完成しだいアップする予定です。

HOME