ありがとう、君へ

桜の花びら舞い散る 通学路で出会った君は
僕の問い掛けに眩いばかりの 笑顔で答えてくれたね
同じクラスになっていつも 君を目で追う僕が居た
だけど君はいつもひとりで あの笑顔を見せることはなかった

それでも君はいつでも みんなの役に立とうとしてた
そんな君の頑張る姿に 僕はいつしか勇気をもらっていたよ

君の名前を思うとき僕は 出会った時の眩いあの笑顔を思い出す
僕は君への想いを抱きしめる いつか君の心にこの想い届くその日まで


夕暮れ迫る教室で 君はさびしいと呟いた
ひとりに慣れてはいるけれど やっぱり友達が欲しいの
きっとみんな君のことを 誤解しているだけなんだよ
少なくとも僕はみんなのために 頑張る君を知っているよ

自分に素直になってごらん きっと想いが伝わるはず
みんなの心に飛び込んでごらん きっとみんなの気持ちが変わるから

きっといつかは君の笑顔がみんなの 心を揺り動かすその日が来るだろう
信じていいんだ君の笑顔でこんなにも 幸せ感じる僕が確かにここに居るのだから


そして眩いあの笑顔をたたえて みんなの輪の中にいる君を見ていたよ
ほっとしたけど同時に少しだけ さびしく感じた僕はわがままなのだろうか

君は僕にありがとう言うけれど 頑張る君の背中がみんなを変えたんだよ
そして君は心に大きな 宝物くれたんだよ僕の方こそありがとう

君と出会って初めて僕は 人を想う幸せな気持ちに触れられたよ
君の眩いあの笑顔が僕の 世界を大きく変えたよありがとう笑顔の君へ
ありがとう大好きな君へ


Words and Music by MASA


試聴 
(注:リハ録音ですので、聞きづらいです。スミマセン。)




Copyright © 2011 MASA All Rights Reserved.


HOME